SSブログ

「らぁめん鴇」藤沢。掲載3回目 [湘南]

1.jpg



過去に掲載している「鴇」さんですが

今回はInstagram投稿されていた方が

生姜中華もかなりの味との評判で

本日は決めうちで



食券機
2.jpg

この日珍しく行列にはなっておらず

12時半くらいでしたがすんなり入れました。



ラーメンも本当にタイミングが良かったのか

ほとんど待つことなく着丼。



生姜中華味玉
3.jpg




基本の醤油とは違い丼の色は

クールにブラック。



4.jpg



基本の醤油と同じタレをベースに

少し濃い口にしているとの事ですが
生姜の香りとすばらしいマッチングで
味の濃さも全く気にならないくらいの完璧なバランス。



麺も変わったのかしら??手揉み風。

まさか自家製麺?

今日は聞けずでしたかとにかく美味しいー!!



5.jpg



前回の記事にも書きましたが

こちらのお店ほとんどのお客様がスープ飲み干していかれます。



6.jpg



ご馳走様でしたー!







☆店舗情報☆
「らぁめん鴇」
藤沢市藤沢1034
藤沢駅北口より徒歩6分
営業時間  [火~金]11:00~15:00
        [土日]11:00~15:00 19:00~23:00
定休日 月曜日
提携駐車場 なし

「らぁめん鴇」藤沢 TRYつけ麺部門4位/掲載2回目 [湘南]

前回衝撃的な出会いをした藤沢にある「らぁめん鴇」さん。

前回はブログ記事にもしていますが

醤油らぁめんをいただきましたので

今回はつけ麺を食べる目的で再訪。



※外観や醤油の写真・記事は過去のブログ

参照ください





平日の13時過ぎだったので

ドストライクのランチタイムすぎて

少し落ち着いてるといいな~と思って

角を曲がると…



↓店舗前

1.jpg


人気衰えずという感じです。

待つこと30分。

お一人で全てをきりもりされている店主さん。

総入れ替えで丁度入店することができました。



↓食券機
2.jpg


お腹がすいていたので大盛りのつけ麺をセレクト。



厨房からカウンター、相変わらずピカピカで

光り輝いています。



↓厨房
3.jpg


↓カウンター
4.jpg



↓奥の唯一のテーブル席
5.jpg

(お客様が変えられた直後なので

まだ下げられてない状態で写真を撮ってしまっています)





しばらくして待望のつけ麺到着。



↓つけ麺 大盛り900円
6.jpg
7.jpg

相変わらず美しいらーめんです。

醤油と同様に鶏出汁と醤油のつけ汁に

魚介のだしに浸されたつけ麺。



つけ汁はネギと三つ葉が。

麺には筍、メンマ、鶏と豚のチャーシュー。



TRYにも書いてあったのですが

この麺の浸されている出汁の効果が

後に絶大な効果を発揮するのです。



最初の一口。

麺は醤油とは違う全粒粉の平打ち麺。

平打ちといっても幅も細めでツルツルで

計算されてるな~と感心してしまいます。



ただの醤油ベースのつけ汁といった感じではなく

下にかすかに残る貝のだしの味が

大人な感じです。



8.jpg



つけ麺の場合

どこのお店でもどんなにきちんと湯ぎりしても

つけ汁に浸けていくうちに味は薄まっていくのは当然です。

ですが鴇さんの場合はこの薄まっていく味こそ

計算されているつけ麺です。



最初は鶏出汁と醤油のつけ汁で

深みのある醤油の味を楽しんだ後

貝の出汁が効いたまた違う味で楽しめるのです。



そして最後に麺のお皿に残った出汁をつけ汁に全て

入れてスープ割として全てが完食できるのです。



そもそも お客様を観察していると

つけ麺以外のらぁめんのスープも

飲み干すお客様の確立は

100パーセントに近いお店なのです。

これは本当にすごいこと。



もう本当に幸せなラーメンタイムを過ごす事ができ

感無量でした。

最後に店主へ

「自家製麺へはいつ変更ですか?」と

尋ねると

「あと本当にもう少しです!」と

笑顔でお答えくださりました。



お店を出ると入った頃と同じくらい

まだ並んでいました。



次は生姜ラーメンにチャレンジ!



食べログ評価が

上がった気がするのは

私だけでしょうか?



☆店舗情報☆



「らぁめん鴇」

藤沢市藤沢1034

藤沢駅北口より徒歩6分

営業時間  [火~金]11:00~15:00
[土日]11:00~15:00 19:00~23:00



定休日 月曜日

提携駐車場 なし

「らーめんそよ風」。常連さん多し藤沢の煮干らーめん [湘南]

こちらを訪問するきっかけになったのは
職場の同僚の方が
ここが美味しいので是非食べて欲しい!と
リクエストがあり
よくよくリサーチしたら
毎月藤沢までネイルで通っているのですが
そこからすごく近い場所だったので
今まで気づかなかった~と
慌てて訪問してみました。

↓外観
attachment00.jpg
attachment01.jpg

店内に入ってみると
以前は喫茶店とかだったのか?といった
雰囲気のお店です。
カウンターのみの席ですが
広々しています。

お昼過ぎでしたが
それほど混み合いはなく
常連さんであろう方々4名ほどいらっしゃいました。

店舗は店主さん?ともう一人スタッフがいらっしゃって
丁寧な接客です。

さて何を食べようか…

↓メニュー
attachment02.jpg

いつも初訪の時は
そのお店の推しラーメンを
頼むようにしているので
スタッフさんに「おすすめはどれですか?」と聞くと
極!煮干 ということなので
それを注文。
中盛無料サービスということなので
迷わず中盛でお願いしました。

わりと早めにラーメン到着。
↓極!煮干(しょうゆ) 850円
※写真④

結構濃い目の色をしたスープに
昔懐かしナルト、ほうれん草をギュっとたくさん、
角煮と鶏チャーシュー、のりがのっています。

スープは鶏がらと5種類の魚介・煮干だしから
作っているとの事。
じんわりと香る煮干にやさしいスープという感想。
あっさりだけどコクがあります。

麺は細麺ストレート。
食べてるうちに気づいたのですが
魚介豚骨のつけ麺食べた時って
麺にスープが絡み付いて
スープが最後ほとんどなくなるってイメージですが

こちらのラーメンはいい意味で
麺がスープを吸ってる感じなのかな?
スープが減っていきます。
だけど麺にしっかり味が付いてきてるので
おいしいです。

満足満腹で食べ終わりお会計の際に
極!煮干と
普通の煮干ラーメンはけっこう違うんですか?と
お尋ねすると
店主らしき方が「違いますよ☆僕は個人的に
煮干のほうが好きです」との事。(笑)

これは宿題ができちゃいました。
次は煮干ラーメンを食べなきゃ。

☆店舗情報☆
「らーめん そよ風」
藤沢市鵠沼石上1-8-15
小田急線藤沢駅・JR藤沢駅より徒歩4~5分

営業時間 11:30~14:45/18:00~翌1:00(日曜24:45/金土翌1:30
定休日 なし【木曜ランチタイムのみ】
提携駐車場なし 近隣にコインパーキングあり

「支那そばや」出身の店主が作る職人ラーメン「麺処 ら塾」藤沢。 [湘南]

藤沢駅周辺のラーメン。
北口で食べるべきラーメンが「らあめん鴇」ならば
南口で食べるべきラーメンの中に
「麺処 ら塾」は入るでしょう。

なんといっても
あの「支那そばや」佐野実さんの元で修行し
片腕とも言われた人物ですから。
(本店は今戸塚で営業中)

徒歩4~5分 郵便局の近くに
なんとなく あれかな??って見えてきます。
旗がいっぱいたってるので目立ちます。

↓外観
1.jpg

この日は平日でしたので
外にまで並ぶ人はいませんでしたが
休日になると店舗の外でも列を作っています。
(店内で何人か待つことができます。

お店は広々した厨房にカウンターがメイン。
窓際に数席テーブル席があります。

店主は基本的に麺を担当していて
パート?家族?の女性が3~4人いらっしゃいます。

割と年齢層は高めの層のような気がします。

店主は職人気質オーラ全開という感じで
基本的に作業に徹しているといった感じです。
湯切りを大き目めのザルできっているのが
印象的です。

人気メニューはワンタンと聞いていますが
とりあえずラーメンを注文。

↓ラーメン \880
2.jpg

名古屋コーチンからとった鶏がガラに
昆布・鰹などの和風だしをブレンドして
作られたスープ。
正直一言。「うまい」。

店主の気質を表すかのような
北海道産小麦100%使っているという
細麺ストレート。

麺のゆで方さすがです。

シンプルなのに
確実に記憶に残る味…。


正直これは通ってしまうな…という美味しさ。

ただし残念なのはお店の雰囲気。
店主の気迫がすごすぎるのか
周りのスタッフさんは店主の顔色を伺うかのように
立ち回っています。

余波なのか
お客様も基本静かです(笑)

おしゃべりぺちゃくちゃしてラーメンは嫌ですが
もう少しお客様がリラックスできる雰囲気だと
いいのになあと思います。

店主は”いらっしゃいませ”も”ありがとう”も基本ありません。
職人気質が前面に出ているお店にありがちですが
あんなに繁盛しているなら
もう少しお客様を見てくれてもいいのにな、と
個人的に思います。

ただ味は確かです。

☆店舗情報☆

藤沢市鵠沼花沢町2-16

小田急線藤沢駅南口(OPA側)徒歩4~5分
営業時間 11:30~14:00/18:00~19:30
定休日 火曜
提携駐車場  なし

混雑時にはお子様不可(小学生・幼児付加)
貼紙が状況に応じ貼られますが
ツイッターなどで進捗情報をアップしているわけでは
ないので行ってみたら駄目だったという可能性あります。
事前に問い合わせたほうが良いです。

らぁめん鴇(とき)」藤沢で食べるべき逸品ラーメン! [湘南]

月一回ネイルの為に藤沢へ行くので
その度に手頃な距離にある
美味しそうなラーメン屋さんを探しては
訪問しているのですが

こちらは食べ終わった時に
"久々に出逢えた”と云う位の感動がありました。

藤沢駅北口より徒歩8分。
東海道線の線路沿いを歩き
「一本松」と云う交差点を右に曲がるとすぐあります。

他の方の情報にもあるように
ぼーっとしてると
お店を通り過ぎてしまうくらい
佇まいはラーメン屋さんというより
高級割烹や小料理屋を思わせる外観。

↓外観
1.jpg
2.jpg

開店30分前に着きこの時点では
まだ私しかいませんでしたが
時間が経つにつれ
1人、2人と増えてきました。

万を時して開店。
入ると入口すぐに食券機。
店内は外観から想像通り
元は寿司、割烹料理屋だった店を
居抜きで使ったような感じ。

すらっとした店主が1人できりもりしていました。
云わずとしれた有名店
目黒の「麺屋 維新」で修行を経て
こちらの開店に至ったという経緯だそうです。

奥にテーブルもありましたが基本はカウンター席。

メニューはシンプル。
味玉醤油を注文。

↓味玉醤油 \850
3.jpg

そこに置かれた物は
ラーメンという一言で表現して
良いのかと思うくらい
高貴な雰囲気を漂わせてました。

先ず目で見て分かるくらい
スープがキラキラ輝いていて
思わず「綺麗…。」と呟いてしまうほど。鶏油ですかね。

メンマの代わりに筍が添えらています。
チャーシューは鶏チャーシューと豚ですが感動的なのは鶏。
臭みもなくどの鶏肉を使っているの?と云う驚きの美味しさ。
ラーメンに添えるものとしては
クオリティが高すぎる。

そして麺。
まるで機織機にかけられたような
綺麗に整えられた
まっすぐな中細麺。

麺の食感
小麦のねっとり感が残っちゃってるラーメン屋さんもありますが
つるつるで迷いのない美味しい麺の仕上がり。完璧。

それぞれが非常に高いクオリティをもって統合されてこの逸品が創られています。

食べ終わって店を出ると
既に10名程の列。

私も並んででもまた食べに来ます!と心の中で呟いておりました。

☆店舗情報☆
「らぁめん鴇(とき)」

営業時間
平日 11:00~15:00
土日 11:00~15:00/19:00~23:00
定休日 月曜

https://twitter.com/toki331toki

「麺や Bar 渦」本鵠沼のラーメン。 [湘南]

湘南エリアで一度は行って頂きたいお店はここ
「麺や Bar 渦」。

小田急線「本鵠沼」駅より徒歩1分少々。
細い通り沿いにあります。

1.jpg

”ラーメン・オブ・ザ・イヤー”や食べログ”ベストラーメン”など
数々の賞を獲得している「麺やBar渦」を
代表するラーメンは
数種類の小麦と全粒粉を独自配合したという
するっとしたすべりの良い麺に
鶏と魚介の旨みがたっぷりの
湘南湯麺 雅(醤油)、琥珀(塩)の2種。

↓雅(醤油)

2.jpg

NASAの開発した逆浸透膜浄水装置に通して
不純物を取り除いた純水を使用しているということもあり
余計なものが一切感じられないスープです。

基本のラーメン以外のラーメンも
失敗ないのが渦の魅力。

↓煮干ラーメン(醤油)
3.jpg

↓煮干ラーメン(塩)
4.jpg

煮干の旨みはしっかり味わえるものの
煮干特有の臭みは一切ない
上品な仕上がりに
「美味しい」の一言。
個人的には基本のラーメンより
煮干ラーメンのほうが好みかも。

↓黄金つけそば
soba.jpg

「渦」の魅力ラーメンだけではありません!
サイドメニュー のクオリティが高すぎる!

↓炙り又焼きご飯
5.jpg

これを初めて食べた時うなりました。
注文される方、必ず卵も注文してください!
タレと卵黄の絶妙なハーモニー。
ご飯ものは数々のラーメン店で提供あり
勿論それなりに美味しいですが
渦の炙り又焼きご飯は別格です。
一度食べたら忘れられません。

↓鶏皮餃子
6.jpg

ランチタイムはお得なセットでの販売もあり
オーダー率もかなり高いこちらの餃子は
ジューシーなのにしつこくなく
レモンの利いたタレとの相性もバッチリです。

夜は店名通りBARになって
お 酒なども好みに合わせてチョイス
してくれます。
お酒のつまみに
しらすピザもおすすめです。

↓しらすピザ
piza.jpg

店主はいわずと知れた
ミシュランで星を獲得した
「Japanese Soba Noodles 蔦」(巣鴨)の
お兄様だそうですが
本当に男前でかっこいい店主です。
店主もラーメンも一見の価値有り!なお店です。

☆店舗情報☆
http://menya-bar-uzu.com/

11:30〜15:00(LO)
18:00〜22:00(LO)

定休日  毎週月曜日(祝日営業、翌火曜休み)
(ホームページに営業日カレンダーあり)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます